儲けのことが丸わかりの本です!

「お金の本」は数えきれないほど世に出回っていますが、設けている経営者が絶対に実践していることが書かれてある本はほとんどありません。
なぜなら、たった一人の経営者の話だけでは信ぴょう性がなく、また”たまたま”成功しただけ、なんていうケースもあるからです。

ですが、『がっぽり ―お金儲けのうまい人が必ずやっていること』(ゴマブックス株式会社)、この本の著者はなんと3万人もの経営者と会談をしてきたそうで、その中で見つけた”経営者の絶対していること”を分析、解析した画期的な本となります。
簡単に言えば、「儲かる秘訣」のヒントが書いてある本、そのようなイメージ。
まさにこれまでの常識が一気にひっくり返る、目からうろこの新しい常識がこの本にはつまっているんです!

デフレは脱却したとはいえ、まだまだ不況のご時世。
そんな状況下においても儲かっている経営者はたくさんいるわけで、そのやり方にはもしかしたらコツがあるのかもしれません。
ビジネスの要所をしっかりとつかんでおけば会社を設けやすくすることはとても簡単なのです。
ぜひビジネスの必須本として、この本を隅々まで読んでみてください!

とにかく「儲け」のことだけに特化したビジネス本。
今会社を経営している方はもちろんのこと、これから経営者として生きていこうと考えている方にとっても貴重な一冊、ビジネスバイブルになることは間違いありませんよ。

ソーラーライトを探しているなら東和産業株式会社

日中の太陽光で発電し、充電することでライトとして使うことのできるソーラーライトは様々な所で使われるようになってきています。ガーデン用のソーラーライトは一般的な家庭でも良く使われています。価格が安くなり手に入れやすくなってきました。ソーラーエネルギーでの発電となると電力が弱いイメージを持たれますが、技術の進歩でとても明るい照明も増えてきていて、使用用途も多岐にわたるようになってきました。

ソーラーライトに興味のある方はhttp://www.ida-group.co.jp/こちらで探してみてください。

人の暮らしが豊かになるほど地球環境は汚染されてきました。今は地球環境を汚すことなく人々の暮らしを豊かにすることが求められています。太陽光発電は環境に優しいエネルギーとして様々な事業などに取り入れられてきて家庭にも普及してきています。東和産業株式会社はそんな太陽光エネルギーを利用した製品を開発しています。

ソーラーライトもその中の一つです。ソーラーライトは周りを見渡してみると意外と見つけることができます。一般家庭でも使われていますが、お店のライトなどにも使われていますし、街路灯でも使われているのを見かけます。ソーラーライトを使うことで電気代がかからなくなり家計にも優しい生活を送れるようになりますよ。

いろいろな人が倉庫を利用している

埼玉県の倉庫・貸倉庫・貸工場ならシスコム株式会社貸し倉庫というと、工場の一室のような大掛かりなものを想像する人も多いかと思います。この貸し倉庫なのですが、小さなお店を経営しているという人が利用すると、とても便利だと思います。実は、小さなお店ほど在庫整理に使えるスペースは限られてしまいますし、小道具や飾り付けのものなどお店の備品などを保管するのに場所がなく困る場合が多いからです。貸し倉庫は、小さな一室からの貸し出しをしているので、個人でも利用する人が増えているほど、とても便利なものです。

もちろん貸し出されている倉庫の中には、工場向けの大きなものもあります。工場のスペースも節約するには倉庫を自前にというのはなかなか出来ないことです。万が一、出荷停止の品物が大量に出た場合、スペースが確保できないと処分しなくてはならなくなり、大赤字になってしまいます。この様な緊急事態の時に、引き取り先が見つかるまでの間、一時的に貸し倉庫を借りるといった使い方が、経営危機を救ってくれると思います。

個人用から工場用まで。埼玉に幅広い大きさの倉庫を貸し出している会社がこちらにあります。土地代というのは高く付くので、荷物置き場を別途に用意するのは重要な事です。そのための貸し倉庫です。
参考>>埼玉の倉庫のHPシスコム株式会社

失敗しない貸倉庫の探し方

今の事務所で対処できなくなった在庫や物流品は、新たな場所や貸倉庫を借りることで解決できます。

倉庫は不動産屋で探すわけですが、貸倉庫探しで失敗しないためのコツをいくつかお教えしましょう。

まずは、当たり前に思われるでしょうが、貸倉庫の使用目的を明確にすることです。

価格や立地にばかり目が行き、この“明確”度合が曖昧だと、借りた後でいろいろと問題が起きてきます。梁までの有効高、床は高床式なのか低床式なのか、入口の広さ、トラックは何台ぐらい配置できるのかなど見るべきポイントは多くあります。自分の目と、不動産のプロの目で確認してもらいましょう。

次にエリアや床面積を設定するとき、今だけでなく将来を見据えることです。

現在使用しているエリアのみ、また、安いし今はこれで十分と収容面積の小さい倉庫にしてしまうと、事業拡大したときの拡張性がなくなってしまいます。

最後にこれは貸倉庫に限りませんが、よい仲介会社を選ぶことです。居住用のマンションやアパート、事務所や倉庫や空き地などはいいものからすぐに売れていきますので、ネットに載っているのはあまりものと考えていいでしょう。

ネットの物件にすぐ飛びつかず、不動産屋に条件を話して、いい物件が出たらすぐに紹介してもらえるように手はずを整えて待つ方が確実です。

貸倉庫は借りてから、長い不動産屋とのお付き合いが始まることになります。例えば雨漏りしたときや建物に損傷があったときなど、すぐ対処してくれないと製品がぬれたり仕事が稼働しなかったりしますので、実績があり、エリアにすぐかけつけてくれる信頼置ける仲介会社を選びましょう。